二人だけのウェディング

少人数での結婚式

結婚式というと、ゲストを50人から100人くらいを迎えての挙式、披露宴を想像するかも知れません。
一方で、二人だけ、両家の家族のみの10人くらいでの結婚式の結婚式を希望するカップルも多いです。

理由はそれぞれですが、仕事関係の人や多くの友人とは結婚式とは別にパーティーを開き、結婚式は両家の家族だけで行いたいというカップルや、あまり人前に出たりお披露目したりするのは好きではないけれど結婚式はしておきたいというカップルなどが挙げられます。
また、結婚式をまだ挙げていなかったので式を挙げたいというカップルなどのニーズに合ったのが、少人数での結婚式と言えます。

少人数での結婚式を専門に扱っている式場も多いですし、少人数、二人だけの結婚式プランを設けている式場もたくさんあります。
最初は写真だけのフォトウェディングでと考えていたカップルも、少人数での結婚式ができることを知り、結婚式を行うこともあるようです。

二人だけのウェディングのメリット

多くのカップルは結婚式の予約を半年ほど前に入れます。
早ければ一年前に予約を入れるカップルもいます。

しかし、二人だけの結婚式での予約は二ヶ月から一ケ月前が多く、一、二週間前などの最短での予約が可能な式場も多いのです。
またゲストを招待していない分、費用も抑えられます。

しかし、短期間の準備が可能で費用が抑えられても、式の内容は充実しています。
ヘアメイクや着付け、写真や衣装に至るまでの結婚式で必要となるプランが含まれているウェディングプランがほとんどです。
内容についての詳細は確認し、打ち合わせの際に相談するとよいでしょう。

挙式は司祭者、スタッフ、そして主役の二人で行われますが、式場によっては二人の希望があれば、二人だけの時間を設けることもできるようです。
また、家族や友人を何人か招待する場合には、比較的自由に写真撮影などが可能な式場もあります。
本当に大切な人とだけで挙式したいというカップルには、二人だけのウェディング、少人数でのウェディングはメリットの多いプランではないでしょうか。

式の後のお食事やおもてなし

大人数での結婚式の後には披露宴がありますが、二人だけの結婚式や少人数での結婚式の後には、と考えるかも知れませんが、多くの場合はその後レストランや料亭でのお食事をしています。
また、式場から提携先の紹介もあるようです。

近場での少人数の結婚式の他、リゾート地での少人数の結婚式も人気があります。
リゾート地での結婚式の場合、ゲストも同じホテルに宿泊し、式の後に観光などを一緒に楽しむといったおもてなしをするケースもあります。
二人での挙式の場合は、そのままハネムーンを楽しむケースが多いです。