アメリカの結婚式事情

憧れの西洋の結婚式

西洋の結婚式に憧れる方も多いようです。
日本にはないお洒落なイメージもあるのかもしれませんし、映画に出てくるような結婚式に憧れている方が多いからなのかもしれません。

いずれにしても、人生の晴れ舞台でありヒロインになれるこの瞬間は、自分が本当に納得できる方法で結婚式を挙げたいものです。
そして、たくさん素敵なウェディングフォトを撮影して、いつまでも良い思い出を思い出すことができる式にしましょう。

結婚式に、ウェディングドレスを着たいとお考えの方も多いと思います。
女性は、ウェディングドレスを美しく着こなしたいと考えている方が多く、その為ブライダルエステなどを受ける方も少なくありません。
肌を綺麗にしたり、スリムアップを目指したと、できることはたくさんあります。

肌のお手入れは、予算や期間に応じて色々なコースがありますので、チェックしてみると良いでしょう。
スリムアップを考えている方は、早めに始めることをお勧めします。
また、脱毛を検討している方も、早めにスタートしましょう。

アメリカの結婚式について

アメリカの結婚式と現在の日本の結婚式には、いくつか異なる点があります。
日本でも、結婚式にウェディングドレスを着ることが多いのですが、結婚式が始まる前に友達や家族なとと一緒に写真を撮ったり、話しをしたり、挨拶をしたりすることもありますが、アメリカではそうではありません。

新郎新婦が、お互いどのような装いでヘアメイクを決めているのか、それが分かるのは結婚式が始まってからです。
新郎新婦がお互い結婚式を楽しみに思う理由は、ここにもあるということなのです。

また、日本では多くの女性がウェディングドレスをレンタルしているかと思いますが、そこも異なります。
アメリカでは、ウェディングドレスはレンタルではなく自分用に用意して、それを大切に式が終わるまで着ることが多いのです。
そして、披露宴では、たくさんの人を招き、夜遅くまでダンスを楽しみながら過ごします。
ここもまた、日本とこなる点だと言えるでしょう。

日本でも、昔は一日中お酒を飲んだり食べたり踊ったりしながら結婚式をみんなでお祝いしていたこともありましたが、今は数時間程度で終了することがほとんどです。

ガータートスについて

日本ではあまり考えられないことかもしれませんが、アメリカでは、結婚式が終わったら新婦のガーターを新郎が外し、独身の男性に投げるという「ガータートス」というものがあります。
結婚式が終わった後は、二次会もあるのだそうです。
ここでも、ダンスをして楽しんだりと良い時間を過ごします。

また、新郎の友人が集まって楽しむ「バチェラーパーティー」もあります。