お祭りウェディング

こだわりの結婚式を

結婚氏は二人にとって一生に一度の記念の日です。
出席したゲストにとっても素敵な結婚式だったと思ってもらえるような結婚式にしたいと思うでしょう。

ただしどのような結婚式をしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。
新郎新婦にとって好きなことを取り入れた結婚式をするのがおすすめです。
結婚式には新郎新婦のことをよう知っているゲストが出席されます。
そのため二人らしい演出が加わることで、ゲストにも心に残る結婚式になるでしょう。

結婚式は長い人生においてとても大きいなお祝い事です。
新郎新婦だけでなく今まで育ててきてくれた両親にとっても子育てからの卒業を意味します。
そのため多くの人のお祝いにつながります。
そのお祝いの気持ちをこめてお祭り気分を味わえるような演出がおすすめです。

お祭りでお祝いを

人とは違った結婚式にしたいというカップルにはとてもおすすめなのが、披露宴会場を夏祭りにしてしまうことです。
夏の結婚式におすすめプランになりますが、結婚し意に出席するゲストと一緒に盆踊りを踊ったり、鏡開きをしたり、縁日の様なお楽しみのスペースも作り、ゲストを迎えます。
ゲストには法被とうちわで夏祭りの恰好で出席をしてもらうように衣裳も準備してお出迎えをします。

披露宴会場では、夏祭りと同様やぐらを立てて夏祭りの演出も行います。
演出としてそのほかにも和太鼓のショーややぐらの上からお菓子やお餅をまいてゲストにふるまうイベントなどもおすすめです。

夜には打ち上げ花火やゲストとみんなで盆踊りやフラダンスを踊るなど、一緒になって楽しむことができます。
また夏のガーデニングウエディングでは、ドレスコードとして女性には浴衣姿で参加してもらうのもおすすめです。
このような企画を自分で準備をするのが大変という人でも、結婚式を企画プロデュースしている会社に相談することで、いろんなプランや準備を手伝ってもらうことができあんしんです。

新郎新婦からのおもてなし

思い切ったお祭りの演出ができなくても、一般的な披露宴会場でもお祭りの雰囲気を十分演出することができます。
例えば小さなおみこしなどを男性の友人に担いでもらい、お祭りの雰囲気を演出します。

そのあとに新郎新婦が入場するときに、新郎が生ビールのサーバーのおもてなしをするという演出を付けくわえるのもおすすめです。
新婦にはビールに合うおつまみなどをかごに入れビールと共に一緒に配っていきましょう。
一人一人のゲストにお礼の言葉を伝えることも出来、お祭りの様ににぎやかな雰囲気にもなります。
新郎新婦にとってもゲストにとっても印象深い結婚式にしたいという人は、日本人らしいお祭りを演出するのもおすすめです。